医療レーザー脱毛は確実な効果と安全性重視の福岡市の美容皮膚科で!

みなさま、こんにちは(^<^)

今週に入って、一気に秋を感じますね。

体調を崩されません様、

お気を付けくださいませ。

毎年、肌を露出する6月ぐらいになると、

脱毛の患者さまが増えてきますが・・

本当は、今頃(秋)から始められると、

来年の春先には脱毛も終盤!

かなりキレイな状態すなわち、

毛量がかなり減ってます。

脱毛経験がない方は、

6回~10回が理想です。

約1年かかるということになります。

今回は、医療レーザー脱毛の

すばらしい効果と安全性、

これからの脱毛について、

詳しくご説明します!

日本にはいつから医療レーザー脱毛が導入されたのか?

国内で医療脱毛が開始されたのは、

約20年前ほど。

現在でも、医療レーザー脱毛として

有名なアレキサンドライトレーザーが、

はじまりと言われています。

海外では、先にルビーレーザーでの

脱毛で結果が出たものの、

ルビーレーザーは、色白の

白人が対象で、メラニンが多い日本人には、

赤味や腫れが生じ、脱毛効果が

でませんでした。

まみ姉も、20年ほど前に

勤務していた美容外科の

Qスイッチのルビーレーザーで、

脱毛効果が無いことはない!

と、当時の院長から聞き、

ひざ下を照射してみましたが、

照射した部分が赤い斑点になり、

ヒリヒリして脱毛効果は、

ほとんどなかったです。

赤味が消えるまで1週間は

掛かったと思います。

アレキサンドライトレーザーは、

有色人種にも対応でき、

皮膚表面にはダメージを与えない

755nmの波長を持っています。

その後、YAGレーザー、

ダイオードレーザーなど、

波長やパルス幅が異なる、

医療脱毛レーザーが、

開発されていきました。

肌質や、毛質、毛根の深さ、

部位などでレーザーの種類を

選ぶことで、患者様への痛みや、

施術時間の軽減、肌への負担など

が軽減し快適な脱毛ができる

時代へと進化してきました。

脱毛ケアの歴史

日本では、平安時代の

貴族女性が、額の形を

整えるため毛を抜いたり、

江戸時代の遊女たちは、

陰毛の処理をしていた説があります。

永久脱毛ではありませんが、

一時的な脱毛効果が得られる、

脱毛ケアについて昔から、

ある方法をご紹介します。

①毛抜き処理

1本1本毛根も含めて、

抜いていく方法で、

眉毛のお手入れで、

現代でも定番ですね。

毛の再生は比較的遅いが、

広範囲の毛抜きともなると、

恐ろしく時間がかかります。

また「抜くときの痛み」「毛包炎」

「色素沈着」「埋没毛」などの

リスクがあります。

②ワックス脱毛

脱毛用のワックスを、

温めて皮膚に塗り、

冷えて固まったワックスを、

毛と共に一気に剥がし、

ムダ毛を抜き去る方法。

粘着テープ式も、

皮膚に当たる面に、

ワックスが塗られており、

冷え固まったらテープごと、

剥がし毛も抜き去る。

こちらも「痛み」「皮膚炎症」

「毛包炎」「色素沈着」

「埋没毛」などのリスクがあります

毛抜きに比べると楽です。

エステサロンでも、

現在行われています。

③シェービング(剃毛)

カミソリや電気シェーバーで、

ムダ毛を除去する方法。

 

短時間で広範囲の

処理が一番簡単である。

但し、カミソリ負けが生じ、

擦過傷(擦り傷)、切り傷、

毛嚢炎などのリスクがあります。

④除毛剤

除毛剤の成分、

「チオグリコール酸塩」は、

毛のケラチンのシスチン結合を

切断し表面に生えている

ムダ毛を除毛させます。

塗布後、数分放置して洗い流します。

除毛剤も皮膚炎などのリスクがあります。

⑤絶縁針による針脱毛

140年前ぐらいに、逆まつ毛の

治療として永久脱毛するため、

眼科医が開発しました。

その後、幾度も改良を重ね、

現在でも針脱毛は、

美容皮膚科や病院で

おこなわれています。

20年前より、されている医院は

少なくなりましたが・・。

現在、医療レーザー脱毛が、

主流ですが、レーザー脱毛では、

処理できない根深い毛や、

乳輪などは最終的には、

針脱毛になることもあります。

現在の針脱毛に使用する針は、

皮膚表面付近には熱が伝わらない、

絶縁針を使用しているので、

皮膚へのダメージも、

かなり軽減されています。

針脱毛は、施術者の

技術が重要と言える、

一種の専門職です。

医療レーザー脱毛で効果がでる理由とは?

1.はじめに

レーザー脱毛は1997年から、

皮膚科医や形成外科医が

中心となって開発され、

約20年の実績により、

安全性が医学的に

認められました。

2.毛周期について

毛には毛周期があります。

成長期⇒

毛母細胞が活発に

分裂を繰り返して毛が成長し、

皮膚の表面に伸びてくる期間で、

毛包にメラノサイトが存在。

退行期⇒

成長が終わった毛と、

毛乳頭が完全に

離れてしまうまでの期間。

休止期⇒

毛が自然に抜け、

毛乳頭が皮膚内で

休んでいる期間。

レーザー脱毛は、

成長期の毛の

毛母細胞をレーザーの

エネルギーで破壊することで、

効果が現れます。

3.レーザー脱毛の原理

レーザーの光エネルギーが、

吸収物質(メラニン・酸化ヘモグロビン・

水)と表皮より下部にある、

毛根・皮脂腺開口部・

毛乳頭に到達し、

レーザーの熱エネルギーを

蓄熱し、温度が上昇し、

その後、毛根・皮脂開口部・

毛乳頭からの熱伝導で

周囲の組織が熱により

損傷を受け、脱毛が可能となります。

4.永久脱毛とは?

現在は、レーザー脱毛施術後に、

身体各部位における

毛周期を超える期間で、

終毛の数が著明に減少している

状態が持続されることであると、

言われています。

安全な医療レーザー脱毛に必要な事

レーザー脱毛は医療行為です。

近年、エステサロンの

安価なレーザー脱毛が

増加していますが、

皮膚へ与える影響や、

未成年で脱毛を

お考えの親御さんや、

敏感肌の方などは、

正しい知識と、

万が一の時、適切な処置が

可能な皮膚科で

施術を受けることが

重要と言えます。

レーザー脱毛で、

よくあるトラブルが、

「熱傷」です。

また皮膚疾患などの

見極めも重要なので、

皮膚科専門医がいらっしゃる

皮膚科での医療レーザー脱毛は

安全で安心です。

お勧めの福岡市の美容皮膚科

口コミ広場さんに

沢山の医院様が

掲載されています!

ご参考までに! ↓↓

https://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/pref_40/area_435

まとめ

近年、美容皮膚科などの

クリニックでも医療レーザー脱毛は、

15年前に比べると、

お安くなっています!

レーザーの性能は良くなり、

料金は安くなっています。

まみ姉のクリニックでは、

現在おすすめプランとして、

9月末まで予定だった、

「医療レーザー脱毛半額」を、

モバイル会員様限定で、

12月まで延長することに

決定いたしました!

当医院で使用している、

医療レーザー脱毛機器は、

アレキサンドライトと

YAGレーザーの2種で、

あらゆるスキンタイプ、

毛質、毛量に対応し、

短時間で痛みの少ない、

施術が可能です!

下記医療レーザー脱毛機器の

ご紹介をした記事はこちら↓

クラリティツインで最新脱毛が可能な

福岡の病院や効果や口コミは?

http://fujinoclinic.com/archives/908

ご興味のある方、

是非ご覧くださいませ!

この記事をSNSでシェア

まみ姉

pick up

金沢美人のオススメの記事をご紹介します!

PAGE TOP