スキンケア

2016年07月03日

「顔色が悪い人」になる前に!肌トーンを明るくする3つのクスミ撃退ケア法

友人と、家族と写真撮影をしたとき「あれ、自分だけ顔がくすんでいる…?」なんて違和感を覚えたことがあるあなた。夏は特にうっかり日焼けや、暑さで眠れず睡眠不足など、肌トーンが暗くなる要素がいっぱい。このまま放置していると、くすみが深刻化してしまい、「顔色が悪い人」の印象を与えてしまうかも。定期的にくすみ肌対策を行って、肌トーンをアップさせませんか? 1ヶ月続ければ、ファンデーションの色みもワントーンアップするかも!

肌トーンをUPさせるクスミ撃退ケア3つ

【1】プロに任せるシェービング

8d1231285e591c14f12f12dc62ac0a4d_m

顔の産毛がくすみの原因の一つであるのは、美容業界では常識的な話。簡単にできるカミソリを使ったセルフケアを行っている人も多いのでは? ただし、この手軽にできる自己処理法には難点が一つ。ちょっと力を入れすぎてしまったりするだけで、肌への負担が大きく、赤みなどの肌トラブルを引き起こしかねないのです。だからこそ、顔のシェービングはプロに任せるのが一番! 「髭剃り…? 男性が通うイメージがある…」なんて抵抗感を感じる人もいるかもしれませんが、一度シェービングをお願いすれば、その直後の肌のツルツル感とワントーン明るくなる効果に病みつきになること必須です。ファンデーションの密着性も高まるので、習慣化したいくすみ対策法でもあります。

【2】自宅で簡単角質パックでくすみを一掃

49633ef9789cd488daca3433211f61d7_m

前述のとおり、くすみの原因の一つである産毛もしっかりとオフしつつ、古くなった角質も除去する効果が嬉しい角質パック。洗顔後の肌に塗って、乾いたらはがすだけの簡単さが取り入れやすいポイントです。日焼けや睡眠不足によって、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れやすく、古い角質も肌の上に残ってしまいがち。そんな余分な角質を取り去りながら、産毛にもアプローチしてくれる角質パックは、ドラッグストアなどで1000円程度で購入可能なのも、くすみ対策として習慣化しやすいはず。週に1回のスペシャルケアとして、夜のスキンケアに取り入れれば、その後の化粧水や美容液の浸透も感覚が変わるかもしれませんよ!

【3】カラダの内側から絶対的美肌力を!高濃度ビタミンC点滴

159eb173848aed2d03df8d9b64a85535_m

外からばかりのケアでは、顔くすみ対策は不十分。内側からもくすみにくいカラダを作って、つややかな透明美肌を育てましょう。そのために必要なのは美容の王様的成分ビタミンC。これをサプリメントで毎日飲み続けるのも良いですが、即効で効果を実感したいのならサプリメントの50倍の濃さ※を誇る高濃度ビタミンC点滴を取り入れてみて。内側から錆びないカラダを作り上げ、美肌や美白に絶対的な力で働きかけます。徹夜続きだった筆者は、高濃度ビタミンC点滴を週に1回のペースで続けていたら、目立った肌荒れもなく、さらに体調が悪くなることもなく過ごすことができました。夏バテで悩んでいる人にもオススメな高濃度ビタミンC点滴は、夏美容を守るための救世主的存在かもしれません! 医療機関にて約1時間ほどの施術で完了するので、マッサージやヘアサロンに行く感覚で使うのがオススメです。

※施術するクリニックによって差があります


くすみ肌を放置していると、その分エイジングが進んでいるように見えてしまいます。若々しい見た目と、自信を持てる肌をキープするためにも、くすみ対策は夏中マストDOです。

(馬場 さおり)

この記事をSNSでシェア

まみ姉

pick up

金沢美人のオススメの記事をご紹介します!

PAGE TOP