治療法

2016年06月27日

フラクショナルレーザーのダウンタイムってどんなもの?

S__36290578

赤みやニキビ跡のクレーター凹凸、毛穴の開きや刻まれたシワ…。そんな悩める肌トラブルを一気にケアできる美容医療メニュー「フラクショナルレーザー」。美意識が高い人は一度は聞いたことがあるだろう、メニューの名前です。簡単に言うと「高周波で肌の奥に働きかけて、肌の生まれ変わりを思いっきり起こす」というもの。汚肌から赤ちゃんのような悩みゼロ肌になりたい人にこそオススメな方法かも! そんな素晴らしいメニューですが、デメリットはダウンタイムにあり。そんな美肌作りの近道でもあるフラクショナルレーザーの唯一のデメリットについてご紹介しましょう。

■やっぱり気になる…ダウンタイムの症状

スクリーンショット 2016-04-24 11.42.45

医学の力で肌を生まれ変わらせるのだから、それはダウンタイムがあるというもの。中でもフラクショナルレーザーは赤みやザラつきが出るので、デメリットを気にする人は多いはず。どの程度の赤みなのか…ザラつきなのか…。筆者の体験談を元に、レクチャーします。

□赤みはいつまで続くの…?

個人差はありますが、照射翌日から2日後までは赤みが残るでしょう。そしてレーザーのレベルによっても変わります。弱めなら、翌日には赤みが少なくなっていますし、がっつり強めに照射した場合、鏡をみるとスッピン状態で2日間は赤みが確認できるはず。ただし、コンシーラーやリキッドファンデーションで隠せるレベルなので、「外出しづらい」などの状態ではありません。

□ザラつきが消えるのはいつ…?

フラクショナルレーザーの特徴的なザラつき。触ると、肌が生まれ変わる瞬間の垢が実感できるよう。こちらも照射レベルによってマチマチですが、一般的には5日から一週間見ておけば安心。ファンデーションを塗っても、ザラついた肌の上に上手く密着しないため、ザラつきの方が赤みよりもメイクで隠しにくく、その点だけ要注意です。マスクをして過ごせれば◎ですが、照射後3日目の肌はあまり人に見られたくないものかも。

約1週間後には見違えるようなツルッツル美肌になるフラクショナルレーザー。その人気は高いですが、上記のようなデメリットもしかり。とは言え、2回ほど続けるだけで肌感が恐ろしく美しくなるので、気になる人は一度だけでも試してみる価値大有!

この記事をSNSでシェア

pick up

金沢美人のオススメの記事をご紹介します!

PAGE TOP