尋常性乾癬の症状や薬・治療法は?福岡市中央区で診療可能な病院も!

ご無沙汰しております。

あっという間に、師走・・・(^_^;)

お蔭様で、クリニックも予約が殺到して、

年末ご予約がお取りできず、

お断りせざるを得ない状況で

ご予約がお取りできなかった皆様、

申し訳ございません<(_ _)>

今年最後の、お話は「尋常性乾癬」です。

尋常性乾癬とは?

皮膚の表面が炎症を

起こすことで生じる

慢性の角化性病変で、

乾癬患者さんの約70〜80%が、

尋常性乾癬です。

20代~30代に発症することが多く、

感染する病気ではありません。

皮膚症状の見た目や出現場所は、

個々によってさまざまですが、

頭皮や髪の生え際、肘、膝など

外的刺激を受けやすいところに

出やすいようです。

尋常性乾癬の症状は?

皮膚が赤くなる(紅斑)、

皮膚が盛り上がる(肥厚)、

銀白色のフケのようなもの(鱗屑)

付着し、剥がれ落ちる症状がみられます。

初期の症状では、乾癬の確定診断は難しく、

特に頭皮の発疹の場合は、

脂漏性湿疹と診断され、

ステロイド外用薬を処方される

ケースが多いようです。

最初は数mm程度の小さな発疹から始まり、

次第に乾癬特有の赤く盛り上がった

発疹となります。

また、乾癬患者さんの40〜80%は、

爪にも乾癬の症状がみられ、

爪が先端から浮き上がって

白くみえたり、爪の表面に

凹凸ができたりします。

痒みの症状が出る患者さんは、

約半数の割合で、

程度は個人差があります。

尋常性乾癬の薬は?

塗り薬は副作用が少なく比較的安全です。

しかし薬剤によっては、

皮膚が薄く弱くなったり(皮膚萎縮)、

刺激感や発赤、喉が渇く、

脱力感、食欲不振などが、

出る人もいます。

自己判断で中止したり、

塗る量、回数、部位など

医師の指示を守りましょう。

症状の悪化や思わぬ副作用が

起こりうることもあります。

【外用薬】

●マーデュオックス

活性型ビタミン D3と

ステロイドの配合剤です。

活性型ビタミンD3誘導体は、

表皮角化細胞の

増殖を抑制し表皮肥厚を、

改善する作 用があります。

ステロイドは皮膚の炎症を

おさえる働きがあり、赤み、

はれ、かゆみなどの

症状を改善し ます。

【内服薬】

ビタミンA誘導体や

免疫抑制剤などですが、

中~重症度の症状の患者さんに

処方します。

昨年から新規内服薬、

『オテズラ®錠』が使用可能となりました。

オテズラ®錠は乾癬治療において、

免疫を調整する薬剤です。

オテズラ®錠は世界初の

経口PDE4を阻害剤で、

炎症反応を抑制します。

副作用として、悪心や下痢、

頭痛などが生じる場合がありますが、

腎障害は軽度で、比較的使用しやすい薬剤です。

尋常性乾癬の治療法は?

治療方法は大きく分けて、

●外用療法(塗り薬)

●光線療法(紫外線照射)

紫外線療法は、薬を外用(または内服)後、

波長の長い紫外線を照射する治療です。

近年では311 nm付近の紫外線(ナローバンドUVB)が

乾癬に有効であることが示されています。

ナローバンドUVBの照射が

可能になってからは薬外用(内服)も必要なく、

照射時間も短くなり、2017年現在は

このナローバンドUVB照射が

急速に普及しています。

また、難治の部位にはターゲット型の

エキシマライトなどによる照射を行うことで

全身の総紫外線照射量を

減らすことが可能です。

●内服療法(飲み薬)

●生物学的製剤(注射または点滴)

塗り薬や飲み薬などでは、

十分な効果がみられない患者さんには

「生物学的製剤」が用いられます。

生物学的製剤は乾癬を引き起こす、

サイトカインを直接抑制するため、

高い効果が期待できます。

生物学的製剤による治療は、

日本皮膚科学会が導入治療の

実施を認めた病院やクリニックでのみ

始めることができます。

治療開始前には、

生物学的製剤による副作用の

リスクが高くないかどうか、

事前にあらゆる検査などがあり、

事前の副作用対策を

しっかり実施した上で、

治療が開始されます。

症状や重症度は個人差があり、

各治療方法を組み合わせて

治療することが多くあります。

福岡市中央区で治療可能な病院

浜の町病院

http://www.hamanomachi.jp/shinryou/shinryouka/hifuka.html

桜坂皮ふ科クリニック

http://sakurazaka-hifuka.com/medical-info.html

ヒロクリニック

https://hiro-fukuoka.com/

天神セントラルクリニック

https://tenjin-central.com/

Rパークサイド皮ふ科

https://rparksideclinic.com/

皮ふ科形成外科和田クリニック

http://scuel.me/hospital/4011010636/

まとめ

皮膚疾患は、種類も多く

診断が難しいと思われます。

できれば、市販の塗り薬ではなく、

まずは皮ふ科へ受診してみましょう。

とはいうものの・・

実際、皮ふ科は混雑していて、

待ち時間も長く、

平日なかなか通院もしづらい方が、

多いと思います。

最近では、完全予約制の

皮ふ科や、日曜日受診できる

医院さんも増えつつあります。

年末年始、どこの医院さんも

混雑していて待ち時間は当たり前。

予約すら難しいのが現状。

ご自身の掛かりつけの、

皮ふ科を決めておかれると

よいのではないかと思います。

この記事をSNSでシェア

まみ姉

pick up

金沢美人のオススメの記事をご紹介します!

PAGE TOP