スキンケア

2016年07月18日

クレンジングオイルを使う毛穴ケアは肌ダメージが高いって本当?

よくメイクを落とすときにクレンジングオイルを使うと良くないと聞きませんか。洗浄力がとても高いので、皮膚に必要な皮脂まで落としてしまうので肌が乾燥するからよくないということです。ただ、あまりにも洗浄力が低いとメイクがきちんと落ちなくなってしまうので、使わざるを得ないと思っている人も多いのではないでしょうか。この洗浄力の高さが原因で、毛穴の開きが気になることもあります。肌が乾燥するので、毛穴が開いてしまうので、角栓や黒ずみもできやすくなるでしょう。

特に気を付けなくてはならないのは、テクスチャーがさらさらだというところです。どうしてもさらさらとしたオイルなので、肌に直接指も触れますし、こすり過ぎてしまう恐れもあります。ミルクやジェルタイプならあまり肌に指が触れなくて済むのでこすり過ぎる恐れを気にする必要がありません。

また、他のクレンジング剤と比べても界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤は、メイクを落とす効果があるのですが、界面活性剤が多くなることで肌ダメージを与えてしまうのです。油分が多く含まれているクレンジング剤ほど界面活性剤が多く含まれています。だから、どうしてもクレンジングオイルには界面活性剤が多く含まれてしまうのです。

このように、肌ダメージが高いと言われています。しかし、ウォータープルーフのマスカラなどを使っている人には欠かせないクレンジング剤でしょう。ポイントメイクにだけ使ったりすれば肌へのダメージを少なくすることができます。どのようなメイクをしているのかによって使うクレンジング剤を変えることも重要です。

リキッドタイプのファンデーションなどを使う人は、やはりクレンジングオイルじゃないとメイクが落ち切らないでしょう。肌ダメージが気になる人は、使い方を気を付ければ大丈夫です。短時間でクレンジングを終えましょう。早めに落とすことで肌ダメージを最小限にとどめることができますし、それどころかダメージなしで乗り切れるかもしれません。

クレンジングが終わったら、なるべく早めに保湿しましょう。お風呂でクレンジングする場合は、化粧水だけでも良いので保湿したほうが良いです。本格的なスキンケアはお風呂上りで良いですが、少しでも肌が乾燥しないようにしておけば毛穴の開きも気にならなくなるでしょうし、角栓や黒ずみ対策にもなります。早く保湿して毛穴を閉じることも大事です。うまく使いこなして、クレンジングオイルで肌ダメージが起きないようにしましょう。

この記事をSNSでシェア

まみ姉

pick up

金沢美人のオススメの記事をご紹介します!

PAGE TOP