治療法

2016年08月11日

顔の印象が劇的に変わる!たるみを解消するのに一番適した美容レーザーはこれだ!

肌年齢を感じさせるものには、しみ、しわ、たるみがありますが、特にたるみは実年齢よりも老けて見える大きな原因になります。これは放置しておくと進行するため、サインに気付いたら、早めに対策しなければいけません。しかしながら、セルフケアで改善するには難しく、時間や手間がかかります。多少費用がかかっても、即効性を求めるなら、美容クリニックや皮膚科でのレーザー治療がオススメです。
たるみを解消するレーザー治療には、いくつかの種類がありますが、基本的には真皮や皮下脂肪、筋肉に熱を与え、ゆるんでいる皮膚の深い層を引き締めることを目的として行います。それぞれのマシンによって、働きかける層や組織が異なりますし、メリットとデメリットも様々です。そのため、医師と相談しながら最適な治療法を選ぶようにしましょう。
美容クリニックや皮膚科で行われる代表的な治療法には、以下のようなものがあります。
ポラリスは、ダイオードレーザーと高周波という異なる2種類の熱を真皮層に与えます。それによってコラーゲン生成が促されます。痛みは少なく、即効性があります。毛穴の引き締め効果もあります。
ジェネシスは、肌への刺激が少なくなるように皮膚から少し離した状態で、ロングパルスヤグレーザーを照射します。それによって真皮層でコラーゲンが作り出されます。真皮層の上部に働きかけるので、改善できるのは軽いたるみですが、毛穴が引き締まり、キメの細かい肌になります。肌のターンオーバーを促進するピーリング作用もあります。
ポラリスやジェネシスよりも深い層に働きかけるのが、タイタンです。タイタンは、赤外線の熱を真皮層全体に与えることができるので、大きなたるみや深いシワを解消することが期待できます。すぐに効果を実感でき、持続性が高いので、40代以降の人に選ばれています。
リフトアップ効果を強く望む人にオススメは、サーマクールです。2003年に日本の美容医療に導入されて以来、多くのリピーターを獲得しています。サーマクールは高周波を照射し、肌がやけどを負ったような状態にします。すると、肌の内側では肌を修復しようとコラーゲンを作り出す働きが活発になり、肌に弾力とハリを取り戻すことができます。照射するエネルギーは、真皮層の深い層と皮下組織の上層にまで届くため、強い痛みがあるのがデメリットでした。ですが、最新のマシンでは、痛みが軽減される機能がついているので、麻酔をしなくても施術が可能になりました。他の治療に比べて高額になりますが、引き締め効果は高いと評判です。

この記事をSNSでシェア

まみ姉

pick up

金沢美人のオススメの記事をご紹介します!

PAGE TOP