肌悩み

2017年11月15日

かかとのひび割れは乳酸、ビタミンAで治す!福岡市の皮膚科で購入も!

こんにちは!

なんだか清々しい気持ちのまみ姉です!

当院に新しいパートタイマーさんがご勤務となり

日々、仕事が忙しいです!

今日は、まみ姉のかかとのひび割れが酷く、

人に見られたら恥ずかしかったのが、

使用し始めてすぐ治った、

一般の薬局では取扱いのない

ローションをオイルをご紹介しまーす!

今年の冬からは、

ヒビケアFT軟膏や踵がツルツルになる靴下を使わず、

かかとしっとりツルツルを目指してみませんか?

かかと(踵)のひび割れの原因

かかとのひび割れの原因は、大きく2つと言われています。

1つ目の原因<乾燥>

夏に比べると冬は誰しも感じる皮膚の乾燥。

顔や、手に比べるとお手入れを

きちんとしてい人が少ないといえますね。

秋の気配を感じ始めるころ、

「あれ?かかとがガサついてる!」

「タイツやスストッキングは履くとき、かかとに引っかかる」

よく見てみると、お餅が乾燥したようにひび割れてる~!

足の裏には汗腺は存在しますが、皮脂腺はありません。

皮膚は、大きく表皮と真皮の二つの層からできています。

手の平と足の裏にのみ透明層が存在していて、

顆粒層と角質層との間にあります。

透明層と角質層の最下部には、

自然の防水壁であるバリアがあり、

体内の水分を逃がさないように保っています。

このバリアがあるのは皮膚表面からわずか

100分の1mmの部分です。

よってこのバリアを傷つけると

水分が過剰に失われるため

乾燥→鱗状に皮が剥け

さらに皮膚の内部まで悪化すると、

深いひび割れになりやすくなります。

2つ目の原因 <外的刺激>

歩行、紫外線、裸足でサンダル、

クッション性のない履物など、

外的刺激は角質を厚くします。

角質が厚くなると、かかとが硬くなり、

角化症になります。

通常の皮膚は、角質層が一番外側にあり

角質細胞と、細胞間脂質(セラミド)から、

成り立っています。

角化症は、角質細胞内のセラミドや

保湿因子が不足して細胞の水分が不足して

乾燥した状態です。

この状態になると、皮膚のターンオーバーが乱れ、

皮膚細胞の生まれ変わりが悪くなります。

角化した踵をキレイにしようと、

削ったりしても皮膚本来が正常でなければ、

またすぐに角質肥厚します。

そうならない為にも、今から説明する

「乳酸」と「ビタミンA」が

重要なポイントになります。

乳酸の働き

ビタミンAの有効成分を浸透させるために必要な「乳酸」。

乳酸はアルファヒドロキ酸(AHA)の一種で、

皮膚や毛髪、血液、その他の臓器で

重要な役割を担っています。

乳酸は細胞での代謝が

早くおこなわれるため、

より低刺激で角質肥厚が進んだ硬い皮膚を、

素早く柔らかく改善します。

乳酸は、セラミドの産生効果が高く、

セラミドが皮膚を柔軟にし、角質層のバリア機能を強化します。

特に、冬時期は皮膚のセラミドが低下するので、

乳酸を皮膚に与える必要があります。

ビタミンAの働き

ビタミンAは、皮膚の修復を早めます。

それは、細胞分裂頻度が高くなり基底層から

角質層へとケラチノサイトが上昇し、

代謝して剥がれ落ちる速度が速くなるからです。

もともと皮膚にビタミンAは存在重要不可欠で

あるにもかかわらず、成人になるにつれ、

紫外線や外的刺激、フリーラジカルなどの

影響で不足しています。

ビタミンAの不足状態が続くと

皮膚に様々なトラブルを招きます。

エンビロンの開発者のドクターフェルナンデスの

研究によると、皮膚に重要不可欠な複数のビタミンと

AHAを併用した時、皮膚の改善が早まり、

より良い結果が得られたそうです。

AHA(乳酸)は角質層細胞間の接着剤を溶かし、

ビタミンの浸透性を高めます。

この接着剤とは、皮膚の水分が外に逃げないようにし、

身体に害を及ぼす物質を

内部に侵入しないようにしてくれています。

乳酸で一時的に、角質層細胞間を緩めて、

肌の修復に必要なビタミンAを浸透させ、

かかとのひび割れを早く改善しましょう。

私がお勧めする、乳酸配合のローション・

ビタミンAのオイルをこれからご紹介します。

乳酸主成分のダーマラックローションについて

ビタミンAの浸透促進。

うるおいを高めるトーニングローション。

しっとりなめらかで透明感のある肌へ。

ボディケアにもおすすめです。

 角質細胞の間の結合を一時的にゆるめることで

ジェル・クリームが角質層深部へ浸透する”道”を作ります。

角質ケア&浸透の図

ビタミンA配合のモイスチャーACEオイルについて

ビタミンA(酢酸レチノール)

肌をすこやかに保つエイジングケア成分。

ダメージを受けた肌の修復に重要不可欠な

ビタミンAとその他各種ビタミン配合。

ビタミンA

ビタミンC・ビタミンE

サポートしあいながら外的ストレスから肌を守ります。

ビタミンC・ビタミンE

福岡市で取り扱っている皮膚科

飯尾形成外科クリニック

医療法人スリーエム 天神美容皮膚科 師井美樹クリニック

天神総合クリニック

ハルスクリニック

藤野クリニック

よつばの杜クリニック

まとめ

今時期から、かかと・ひじ・ひざ・くるぶしの

ガサガサが気になるシーズンですね。

今日、ご紹介したダーマラックローションと

モイスチャーACEオイルは、ボディだけでなく、

お顔のアンチエイジングにも効果があります。

兎にも角にも、皮膚には乳酸・ビタミンAって

必要なんですね!

ビタミンA配合の製品を日本でいち早く

取り扱い始めたプロティア ジャパンの

エンビロン製品。

様々な、お肌のトラブルや光老化、敏感肌・

ニキビ肌などを改善へ導きます。

みなさま、ご興味あればお問合せ下さいね!

お問合せはこちらから↓

http://www.fukuoka-fujino.com/reserve.html

フリーダイヤル

0120331908

 

この記事をSNSでシェア

まみ姉

pick up

金沢美人のオススメの記事をご紹介します!

PAGE TOP